緑茶

11016 煎茶 [八女] おくみどり

¥740(税込)
数量

筑紫平野南部(八女地方)は、地質的には河川から運搬された土砂(腐葉土)が交互に堆積した沖積平野からなっており、栽培されるお茶はコク・甘みを強く感じるものが多いと言われております。マンゴーなどのトロピカルフルーツに通ずる風味をほんのり感じることもあり、「完熟」というイメージを持っています。生産地の特徴として伝統本玉露の生産量が日本一 (約45%) であり、そのためお茶の平均単価も日本一高くいわゆる高級茶産地と言えます。そんな八女茶でありますが、こちらの生産者さんは福岡県八女市標高4〜600mの山中で2015年より有機栽培への取り組みを行ってらっしゃる生産者さんです。澄んだ空気、鳥のさえずりを背景に育ったお茶はしっかり熟しながらも澄んだ味わいで、山の恵みがギュッと詰まったエキスのよう。品種「おくみどり」は独特のクセがほとんどなく、味はまろやかで甘みが強く渋みが少ないのが特徴です。特にこちらはやや強めの蒸しと火入れでコクのある味わい。爽やかな香りとフルーティーな余韻に浸ってください。

茶名:煎茶
産地:福岡県八女市
茶樹品種:おくみどり

お茶の入れ方に決まりはありません。ご自分に合った方法を見つけてください。
※入れ方の目安は、茶葉4g 湯量150ml 湯温70度 浸出時間1分 です。