紅茶

62003 麻黒古樹紅茶 [雲南 易武] 雲南大葉種

¥1,700(税込)
数量

雲南省西双版納の山岳地帯では昔からお茶作りが行われており、中でも最も古い歴史を持つ易武エリアは優しさを持った良質な普洱茶の産地として有名です。麻黒村はその易武の中でも核心的な場所にあり樹齢100年から1000年を超える茶樹もあるまさにお茶の聖地の様な場所。この紅茶は、農薬はもちろん肥料も使用されずにそこで自然のままに生きる高さ数メートルの古樹から全て手作業で作られたもので、一般的な雲南紅茶と呼ばれる「滇紅」とは異なりこちらは天日乾燥で作られる「晒紅」です。「晒紅」は酸化酵素が失活する高温処理工程が無いので、出荷後もゆっくり熟成を続けていき経年変化も楽しめる紅茶と言われています。パッと華やかな香りなどではなく黒蜜の様なねっとりした香り。優しく素朴で茶樹の力強さがあり、大葉種の古樹らしい大きな黒い茶葉とゴールデンチップの金色の組み合わせのように旨味、甘味、ミネラル感が絶妙に絡み合っています。味わうと言うより感じるお茶なんだと思います。

茶名:麻黒古樹紅茶
産地:雲南省西双版納傣族自治州勐腊县易武麻鄲
茶樹品種:雲南大葉種

お茶の入れ方に決まりはありません。ご自分に合った方法を見つけてください。
※入れ方の目安は、茶葉3g 湯量150ml 湯温度90℃ 浸出時間1分 です。